トイプードルについて

トイプードルにも老化現象があります

年齢を重ねると動きが鈍くなるようにトイプードルでも老化現象があります。
犬は人間よりもとても早いスピードで年を取ります。
人間と比べるとおよそ5倍くらいのスピードで年を取るので、少し動きが鈍くなってきたと感じるようになったら飼い主が早めに気付いてあげるようにしましょう。
トイプードルは7歳から9歳になると老化の兆候が見られます。
動きが鈍くなるだけではなく、運動能力が落ちたり、消化器官が衰えたりするので、食事の量も減ります。
いつもは元気だったのに日中でも寝ていることが多くなったら老化の始まりだと考えるようにしましょう。
免疫力が落ちてしまうので、トイプードルでも人間のようにがんや糖尿病などといった生活習慣病にかかる場合があります。
老化による病気なのか不安に陥ったときは自分自身の判断だけではなく、獣医さんに相談をすれば正確な診断をしてくれます。
いつまでも健康な状態でいてもらうためにはストレスをかけないことが大切です。

Copyright© トイプードル All Rights Reserved.